いくつもの種類が用意されている洗剤、その洗剤の上手な使い方を説明するサイト『洗剤あれこれ』
いくつもの種類が用意されている洗剤、その洗剤の上手な使い方を説明するサイト『洗剤あれこれ』』


普段何気なく使っている洗剤、その洗剤の種類、特性まで皆さんはご存知でしょうか?
お掃除には欠かせない洗剤ですが、目的や使用する場所により、
いくつのも洗剤が市販されています。
それらの洗剤をお手入れしたいものによって上手に使い分けることが大事です。
プロのハウスクリーニング業者なら、それぞれの特徴を熟知して場所や汚れによって
使い分けることができるでしょう。
しかし私たちのような素人判断による洗剤との組み合わせは、逆に痛めてしまったり、
いくつかの洗剤を混ぜて使用しまうことにより人体に有害なガスを発生させて
しまうこともあります。
当サイト「洗剤あれこれ」では、各種洗剤それぞれの特性、用途から、
材質に合わせた洗剤選びまで、皆様の生活に役立つ知識を紹介させていただきます。
今までよりももっと効率よく、そして綺麗にお手入れできるようになれば、
きっと今まで以上にお掃除が楽しくなるでしょう。
一度、ハウスクリーニング業者に依頼して、その作業風景を見たり、どんな洗剤を
使えばいいのかアドバイスをもらうのも有効だと思いますよ。

デザイナーズエクステリア
外構工事はデザイナーズガーデン(岡崎)
お値打ちな料金でデザイナーズのエクステリアを。
http://designers-garden.jp/

中性洗剤とは

中性とは、水溶液の性質(中性、酸性、アルカリ性)を決めるpHが6以上〜8以下の溶液のことをいいます。中性洗剤は台所用洗剤などに多く使われており、毎日のお手入れに最適な洗剤です。

アルカリ性洗剤とは

アルカリ性とは、水溶液の性質(中性、酸性、アルカリ性)を決めるpHが11以上の溶液のことをいいます。また、pHが8以上〜11未満の溶液は弱アルカリ性に分類されます。

酸性洗剤とは

酸性とは、水溶液の性質(中性、酸性、アルカリ性)を決めるpHが3以下の溶液のことをいいます。また、pHが3以上〜6未満の溶液は弱酸性に分類されます。

中性洗剤の使い方

台所洗剤の場合、スポンジに含ませたり、水で薄めたものを布に湿らせて使います。油汚れなどは、冷たい水よりもぬるま湯の方が油分を溶かしやすくなるので、汚れ落ちが良くなります。

アルカリ性洗剤の使い方

アルカリ性洗剤は非常に強力なので、原液のまま扱う場合には注意が必要です。 キッチンやコンロ、換気扇など油汚れのひどい箇所以外は、出来るだけ水で薄めたものを使ってください。

酸性洗剤の使い方

使用する際には、窓や戸を開け、換気扇をつけるなどして換気を良くし、ゴム手袋やメガネ、マスクなどを着用して、洗剤が直接肌に触れることのないよう、注意して使用してください。